« 2006年7月 6日 (木) | トップページ | 2006年7月 9日 (日) »

2006年7月 8日 (土)

2006年7月 8日 (土)

タイミングがムズカシー!

さぁ、休日だ!(だから、ワシはずっとだって)

今日は画像も入れずにダラダラ書くぞ。天気悪いし。

 

CD、どちらかと言えば買う派、です。

好きなアーティストは揃えてしまうし、ベストはとりあえず持っときたいし、という人です。

それでも、現状ではなかなかお金がおっつかないんですが。なので、以前ウンチクった「購入店の使い分け」をしないと、主夫は辛いんです。

で、更に悩まされるのが最近主流の限定「DVD付き」です。

 

邦楽の場合、基本的に初回限定と言う形で出す売り方をするので、予約しちゃえば確実なんですが。

B'zの最新シングル「SPLASH」の特典DVD3種類は、アルバムリリース直前のシングルリリースとはいえ、ファンの人はつらいでしょうよ。

まーくんは通常盤含めて4種全て買いましたが。

 

それでもavex系アーティストはリーズナブルなので。倖田來未の最初のベストは2CDとDVDで3,990円

2枚目のベストは初回限定でCDと全PV収録DVDとライヴDVDの3枚で5,040円

浜崎あゆみもDVDは力入れてるというか、収録時間長いし。

 

SONY系アーティストはベスト盤のCDとDVDを別リリースにしちゃうので、8~9,000円くらいかかっちゃう。つまり、avex系の2倍以上ってコトですから。

ま、それでも好きな人は買っちゃうわけで。

 

問題洋楽ですわ。

 

去年末にマドンナが来日してプロモーションしてたんで、ワシは「来日公演あるかも」と思って、CD買わずに我慢してました

というのも、来日公演時にDVD付きで来日記念盤として売り出すケースが洋楽は多いので。

 

ローリング・ストーンズの最新アルバムもその予想で今年1月にDVD付き来日記念盤が出まして。購入。

その他にもジャミロクワイ、グリーン・デイ、デヴィッド・ボウイなどがそのパターンやってます。アヴリル・ラヴィーンも。

レニー・クラヴィッツにいたっては、5、6年前に出したベスト盤を来日記念でDVD付きで出しましたし。CDにも1曲追加して。購入したし。

 

まぁ、待ったカイがありまして、マドンナのアルバム、来月DVD付きで来日記念盤やっぱり出すようです

 

ところが!例外もありまして。

 

例えば、ボン・ジョヴィ。去年出したアルバムは通常盤と初回限定盤がありまして。初回盤にはDVDがついてます。CDはどちらにもボーナス・トラックが3曲入っているのですが。

それが、この3月に来日記念盤出しまして。DVDは全く別物。CDのボーナス・トラックも総入れ替えでライヴ・トラック6曲入り。しかも初回盤より安い!

 

・・・買いましたが。

 

ボン・ジョヴィについては収集家ではないのですが、今回のアルバムは久々にハマリまして。高3以来。

 

あと、ウチの嫁が泣かされたのはバックストリート・ボーイズとマライア・キャリー。

バックストリート・ボーイズも初回限定盤でDVD付が出て購入。そのあと、更に充実したDVD付が販売。

マライアにいたっては、まずCDのみで購入。嫁が買おうとした時にネットで調べたらDVD付が出る情報が!そちらを購入しました。発売が延期しまくりでしたが。

ところが、そのあとで更に充実したDVD付でリリース!!!

嫁はワシと違って買い直しませんでしたが。堅実派。

 

ということで、今回はCD購入のタイミングについてのウンチク、でした。

今月はマッシヴ・アタックの3月リリースされたベスト盤がDVD付で出るので、そちらを購入します。

 

ね、力の抜けたオモシロのない更新だった、でしょ。

 

今日のオマケ

 

ウチの嫁が大好きな「パイレーツ・オブ・カリビアン」という映画。

ウチの嫁はジョニー・デップのファンではなく、この映画に出ているジョニー・デップが好きだそうです。

さすがO型

B型のワシみたいに何でもかんでもじゃないのね。

 

で、もうすぐ映画第2弾が始まりますが、サントラが先行して販売されます。

DVD付で初回限定2万枚生産!

欲しい方は即予約がよろしいかと。

 

店舗で予約される方は、ヤ○ダ電機さんの高知本店2階のAVソフトコーナーへ!

ポイント12%還元!!!

アルバイトのネームをつけた女性の耳元で「マロンパパ・・・」と囁いて、反応したらその人がマロンパパのお気に入り☆

つーか、耳元で囁いたら、誰でも反応するよな、コワクって・・・

 

ウチは嫁に

「絶対買うき、予約しちょいて!」

の一言で、アゴで使われました。

|

« 2006年7月 6日 (木) | トップページ | 2006年7月 9日 (日) »