« 2007年4月9日 | トップページ | 2007年4月13日 »

2007年4月11日

2007年4月11日 (水)

☆ケ・セラ・セラ☆

 

 

今日で5日目となった職業訓練。

先輩と一緒になって4日目。

 

いまだ、全員揃わず(爆)

 

 

 

いやぁ、税金てホント無駄に使われてるよね(笑)

怒る気にもならん(爆)

 

 

 

ところで、ワシ自身の成果はというと、

062

間違いなく楽しく、

061

間違いなくマジメに、

060

間違いなく自分探しをしています。

 

 

 

前のブログにも書いたんですが、

 

「モノづくりって、性にあってるな」

 

とは思います。

ただ、ラインの仕事とか、内勤っていうのはどうもダメ。

工場作業員って、

 

「ワシじゃなくても、よくねぇ!?」

 

って思ってしまう。

割り切るコトが出来ないから、

自分の存在意義を仕事に求めてしまう。

 

収入とかじゃなくて。

 

公務員にならなかった理由も、その辺り。

「ともパパ」を見てると、そうでもないと思い直すけど。

ワシの思い込みかな、と。

でも、大半は思い込みどおりやけど(笑)

 

内勤、っていうのも息が詰まりそうで。

「先生」やってた人間のセリフではないけど(爆)

高校や企業まわりの営業をしたくてウズウズしてた(笑)

簿記とか教えてたワリには、

経理とか事務は向いてないと思うし。

 

販売も好きなんやけど、忙しい店ならいいんやけど・・・

ヒマな店なら時間が経つのが長いだろうし。

売上アップのために

立案・実行させてくれるような店ならいいけど、

そんな店なら、すでに忙しいやろう(笑)

 

 

 

ということで、

求人を閲覧しながらいろいろ考えております。

 

 

 

ところが!

 

昨日、今日辺りから異変があるのです。

いろんな意味で!!

 

 

 

授業は試験対策をメインとする、

午前中が学科、

午後からは実習。

つまり、筆記試験実技試験対策。

 

実技の方はさっきの写真のとおり、

コツコツと慣れの必要な作業。

とりあえず、やるしかないんだな。

それが、楽しかったりするんやけど。

 

 

 

問題は、学科。

先日紹介した、野見さん似の

 

「180km/h自慢野郎」

 

が担当。

 

 

 

昨日の授業で、テキストの印刷が間違っていたらしく

 

「俺はテキストを信用していない」

 

「テキストの間違いに文句のある方は、

 このテキストを作ったトコロに文句を!」

 

とか言っておりました。

内心、

 

「じゃあ、買わせるなよ・・・」

 

と、思いましたが。

 

 

 

今日になって、授業はさらに難しくなりまして。

なんせ、電気抵抗の計算式やら公式やらがドッサリ!!!

先輩のオジサンたちは、

 

「何でこうしたらこうなる、

 という説明がないからワカラン!」

 

と腹をたて、若い子たちは

 

「もうあきらめたぁ~、

 金だけもらえたらえいわぁ~」

 

と、かなり投げやりに。

挙句の果てに、この野見さん(仮)は昨日のセリフと真逆。

 

「ワカラン所は、

 テキスト見てください!」

 

 

 

この一言で、みんな質問する気も失せたようで・・・

野見さん(仮)、授業をする前に

 

「仕込み」

 

というものをしてないようで。

どんな仕事をするにしても、

事前に「仕込み」は必要だと思うんやけど。

 

たいさん、○○っちみたいな感じや(笑)

 

 

 

そのタイミングで、少し離れた席の20代の男の子。

ワカランそうなので、つい

 

「どう!?」

 

と声をかけてしまった。

その子は、

 

「あ、ココがワカランがですよぉ」

 

 

 

・・・そのアト、他の子からも聞かれるようになり、

昼休みも話すようになり、

放課後、ホワイトボードを使って少し説明をし、

みんな帰って、教室でワシは

 

明日聞かれていいように、

仕込みをしてしまっていた・・・

 

 

 

ナニやってんだ、ワシ・・・

 

 

 

別に、前の仕事に未練はないのに・・・

もちろん、前の仕事を知ってるものもいないし。

 

 

 

ただ、今日になって分かったコトがある。

35年も生きてきたのに、今日気がついたコトが。

 

 

 

ワシが前にしていた「先生」と呼ばれる仕事。

未練もなければ、愛着もない。

もう一度したいとか、他の職場でしたいとも思っていない。

 

ただ、何でしていたのか、

何で先生がやりたくて、

楽しかったガス屋から転職までした仕事なのか、

やっと分かった。

 

 

 

ヒトに教えるのが好き、とか

ヒトに教えたい、とか

そういう偽善者的なモンではない。

 

 

 

先生という仕事が好き、とか

学校という職場が好き、とか

そんな感情移入もない。

 

 

 

結局ワシは、

ヒトと話しをするのが好きなのだ。

 

コミュニケーションをとるのが、

単純に好きなだけなのだ。

 

困ったヒトを放っておくコトが出来ない、

という困った人間なのだ。

 

 

 

しかし、これは困った。

本当に困った。

せっかくこの前、「モノづくり」の楽しさを再び思い出したのに、

将来のコト、再就職のコト、

 

 

 

振り出しに戻った気がする・・・(T_T)

 

 

 

結局、何が自分に出来るのか、

何が自分にあってるのかワカランなってしまった。

フビンじゃ・・・

 

 

 

まぁでも、仕方ないな。

コレがワシなんやろうから。ウソ偽りなく。

 

 

 

とりあえず、生活習慣の変化もなれた。

朝6時30分ごろ起きて、

ちゃんとご飯の朝飯を食って、

水筒にコーヒーを入れて、

歯を磨き、ひげを剃り、着替え。

 

それからマロンの散歩に行って、

帰って車に荷物を載せ、

嫁と一緒に家を出発。

 

 

 

ずっと仕事をしてるヒトには気がつかんことかもしれんが、

 

普通の生活ができる喜びというものを、

今週になって噛み締めている。

こういう気持ちになったのは、

生まれて、はじめてかもしれん。

 

 

 

まだ「無職」ではあるものの、

「職業訓練」に通うコトによって、

 

「社会」という場所に、

戻れた気分になってるのかも(笑)

 

 

 

そう考えれば、

将来の不安もなくなった。

というより、

考えるのがメンドーになった。

いくらアタマで考えても、

コトは何も変わらんのでな。

 

 

 

ただ一つ言えることは、

 

この約2年間の社会から離れた生活で、

普通のヒトが得られんモノをたくさん得た気はする。

 

 

 

「負け惜しみ」というヒトもおるかもしれんが、

コレは、この立場にならんと理解できんかもしれん。

ワシ自身、前の仕事を続けていたら、

間違いなくこんな気持ちには気がつかんかったハズ。

 

 

 

 

 

今日の夜、「ヘキサゴンⅡクイズパレード」を見ていた。

このタイミングで、番組を通じて意味を知った言葉が

 

「ケ・セラ・セラ」

 

どこの言葉って言ってたか忘れたけど、

 

「なるようになる」

 

という意味だそうな。

 

 

 

しばらくは、ワシのアタマから離れそうにない。

|

« 2007年4月9日 | トップページ | 2007年4月13日 »