« 2007年5月24日 | トップページ | 2007年5月27日 »

2007年5月25日

2007年5月25日 (金)

裏工作。

 

 

先日、ある人から相談のメールをもらいまして。

 

 

 

「会社の決算整理で、試算表の金額が合っているのに、

 社長から書き換えるように指示が出ました。

 今回は数千万円減少させて、

 支払手形と仕入を。」

 

 

 

・・・コレは、

簿記を知ってるとか知らないとか、

そういう次元ではない、大問題。

 

 

 

 

あえて簿記用語でいうところの、

負債となる「支払手形」勘定と、

費用となる「仕入」勘定を増やす。

 

つまりだ。

 

会社としての利益を減してしまう。

税金対策としての損金を増やし、

課税対象となる所得を減してしまう。

それによって、

 

納税額を偽り、

脱税を図ろうとしている

 

ということなのだ。

 

 

 

その社長、会計事務所にも相談しているようで。

その修正事項を、その知人に指示しているようで。

知人本人も、してもいいものかどうか・・・ということで。

 

 

 

当然、マズイ。

かなり、ヤバイ。

 

 

 

高知県の経済状況が

いつまでも他の都道府県と比べて良くならないのは、

こういう

 

バカな個人経営者

 

が多いのが、かなりの要因のような気がしてしまった。

この会社、案の定

 

同族会社らしい。

 

 

 

「どこもやってる」とかいう問題ではない。

こんなコトを「仕事」とはいえやってしまうと、

ワシの知人は確実に

 

犯罪者

 

になってしまう。コレはぜひ避けたい!

が、しかし!

入社して毎年のコトのようだ。

最近、税務署もよく訪ねてきているらしく、

修正した書類も銀行に提出したようだ。

 

こういう会社に勤めている以上、

この裏工作がバレた瞬間にきっとこの知人は

 

責任をなすりつけられ、

クビをきられてしまうだろう・・・

 

 

 

とりあえず、ワシからのアドバイスは

 

「責任なすりつけられる前に、

 辞めて次の仕事を探しなさい。」

 

と。

同族会社の上、毎年やってるコトであれば

捕まらんと、辞めるコトはないだろう。

しかも、「仕入」勘定を増加させるというコトは、

領収書の提出を求められるだろうし、

税務署がよく来ているというコトであれば、

時間の問題だろう。

 

素人のワシが考えても、

「仕入」「支払手形」勘定の増加は、

ボロが出やすいと思うし。

会計事務所も、相当アタマが悪い。

 

まぁ、金額が数千万円分の利益の隠ぺい工作なんで、

「仕入」勘定をいじるしかないんやろうけど・・・

 

 

 

ワシの前職場も、同族会社。

ワシが辞めたアト、

責任をなすりつけられクビになった者も数人いるし、

ココでは書けないような裏帳簿をつけてるしなぁ。

 

金に目がくらんだ人間は、

ナニをしでかすか分からん。

 

 

 

一昨年の耐震偽装問題での建設会社や

去年の耐震偽装発覚したホテル、

それだけ問題になっていても、

 

「ウチは大丈夫☆」

 

なんて思ってるのかねぇ・・・

 

ただ、こんな会社が多いから、

高知には税理士事務所や会計事務所が必要以上に多いし、

その辺りに就職した人の離職率も高い。

 

もちろん、マジメにやってるところも多いんやけど・・・

 

 

 

いつになったら、

高知の経済は上昇の兆しを見せるのか。

 

 

 

いまだに失業者1人に対して0.5件の有効求人倍率。

もちろん、そんな求人の大半は同族や家族経営。

大手ですら、数ヶ月に渡って求人が出っ放し。

 

ワシが辞退した会社の求人、

まだ活きてます(爆)!!!

 

 

 

再就職や転職をお考えの皆さん、

6月に入ればボーナスもらってから退職願を出す人も増えます。

 

求人のチェック、お忘れなく!

 

 

 

ワシもそろそろ動き出します、きっと。

裏工作のない会社、見つけださんとな。

|

« 2007年5月24日 | トップページ | 2007年5月27日 »