« おもらし(T_T) | トップページ | 美味しい☆ »

2007年5月31日 (木)

「死んでもいい」

 

 

本日の2発目。

 

 

 

職業訓練所終わりで、嫁の病院へ直行。

午後4時前に到着。

今日は医師から、昨日の検査結果についての報告があった。

ワシと嫁、外来の診察室へ呼ばれた。

 

 

 

どのくらいだろう。

長かったような、短かったような。

知らないうちに、ワシと嫁は手を握り締めあっていた。

今にも崩れそうになっていたが、

それは嫁も同じだった。

必死で嫁を支えようと、こらえた。

きっと、嫁も同じ気持ちで支えてくれていたと思う。

 

 

 

とりあえず、毎日の検査が必要。

予定は、未定である。

最悪の場合・・・出産まで入院かもしれん。

 

出産を早めなくてはならんかもしれん。

 

出産後も、小児科でお世話になるかもしれん。

 

 

 

35年と4ヶ月、生きてきたワシ。

嫁と知り合って11年。

付き合い始めて8年。

結婚して2年。

いろんな日々を過ごしてきたが、生まれてはじめて

 

「死んでもいい」

 

と、思った。

「死にたい」とは、違う。

 

 

 

嫁と、お腹の中の黄身ちゃん(仮)。

無事で、元気で生きてくれるなら、

産まれてきてくれるのなら、

ワシのカラダや命はやってもいい。

ワシは死んでもいいから、

2人は無事で、元気でいさせてほしい。

 

と、思った。

これが、父親なのか・・・と思った。

誰かのために死ねる、というのは

テレビドラマの世界の話かと思った。違った。

本当に、こんな気持ちになるんだと思わされた。

 

 

 

病室に戻った。

ワシは自分の無力さに、自分のコトを責めた。

情けなく思った。

何も出来ん、本当に何も出来んのだ。

 

勝手に、泣きたくもないのに、

涙が流れた。

とまらなかった。

 

 

 

嫁が入院している病院は、

基本的に紹介状がないと入院できない。

つまり、産科に入院している妊婦さんは皆、

何らかの病気や苦しみをかかえている。

同室の、他の妊婦さんたちの話が聞こえてくるが、

明らかにワシら夫婦よりも辛そうである。

 

 

 

嫁を、そして黄身ちゃんを

支えられるのがワシなのだ。

泣いたり、へこんだりするヒマはない!

 

 

 

ワシはストレス反応という状況から逃れるため、

自分自身に課していた言葉がある。

 

「頑張らない」

 

でも、今日でコレも終わる。

ワシは、コレから家族のために

 

頑張ってみようと思う。改めて。

|

« おもらし(T_T) | トップページ | 美味しい☆ »