« 2007年6月27日 | トップページ | 2007年7月2日 »

2007年7月1日

2007年7月 1日 (日)

3分クッキング。

 

 

今日、ウチの隣町に

 

「安倍晋三」

 

が来てたようじゃ。全然知らんかった。

まさか、こんなド田舎に来るとは・・・

参院選の関係らしい。

年金問題やら何やらで、すっかり存在価値をなくしてるからな(笑)

 

 

 

さて、本日の2品目。昨日のコト。

 

そろそろ出かけようか・・・と思いつつ、

テレビをボーっと眺めてた昼前。

 

「キューピー3分クッキング」

 

が始まって。

いつもならナニも考えず、ボーっと流してみてしまうんだが・・・

 

 

 

あわてて録画っっっ!!!

 

 

 

「レモングラスソーダゼリー」

 

という、デザートのレシピ。

ウチは、ワシがコーヒーゼリーをつくるため、

常に粉ゼラチンを切らさずにおいてある。

そこへゼリーのレシピ。

 

 

 

そりゃ、挑戦するしかないでしょ!!!

 

 

 

とはいえ。

「レモングラス」などといった

洒落た食材がどこで手に入るか分かるはずもなく。

というコトで、若干修正を加えた分量でオリジナルを作成。

その名も

 

 

 

グレープフルーツのソーダジュレ。

 

 

 

ということで、レシピ。

 

① 市販のグレープフルーツジュース(100%を使用)100mlを

  鍋で弱火にて加熱。

 

② 沸騰したジュースをスプーンなどで混ぜながら、

  グラニュー糖30g、粉ゼラチン15gを加える。

  混ぜたら火を止める。

 

③ グラニュー糖、粉ゼラチンを混ぜたジュースをボールに移す。

  その時、茶漉しなどで固まったゼラチンを取り除いた方がよい。

 

④ ジュースを移したボールを、

  氷水の入った大き目のボールに入れて、混ぜながら冷やす。

 

⑤ 100mlのグラニュー糖&粉ゼラチン入りジュースに、

  あと200mlの100%グレープフルーツジュースを加える。

  ゆっくりと、かき混ぜながら。

 

⑥ 合計300mlとなったジュースに、

  400mlのよく冷えたサイダーを加える。(今回はスプライトを使用)

  ゆっくりと、炭酸が抜けないように、

  炭酸を封じ込めるように祈りながらかき混ぜる。

 

⑦ ボールのまま、冷蔵庫へ。

  3~4時間冷やす。

 

⑧ たよりなく固まって、たよりなく揺れるようなら、

  器に移してもう一度冷やす。

  昼とか3時くらいに作り始めれば、

  夜にはおいしく頂ける。

 

 

 

・・・という作りかた。

かなり、テレビのレシピを参考にしつつ、

モノが変わってきた感があるが・・・

 

 

 

さて、このジュレを持って、後輩幸子の家へ。

071_2

去年同様、群頭神社へ

 

わぬけsummer~♪

 

 

 

ワシと嫁、幸子と息子のジョウの4人。

「来年は5人や~」とか言いながら満喫。

今年は天気が良かったので、どこの神社もヒトがいっぱい。

 

 

 

さて、輪抜け様も楽しんだところで、幸子宅で夕食。

そうめんや焼き鳥を美味しくいただいたアト、

074_1

ついに登場!

グレープフルーツのソーダジュレ☆

 

 

 

写真では分かりづらいのですが、

炭酸の小さなアワがうまく残っていまして。

これが食感にどう影響するのか・・・

 

 

 

DSのマリオに夢中のジョウは放っておいて(笑)

大人3人で恐怖の試食・・・

 

 

 

・・・美味いやん、普通に☆

 

 

 

甘さの加減は、ちょうどいい感じ。

子供にはもっと甘いほうがいいかもしれんので、

ガムシロップを加えるといいかと思われます。

普通に固めのゼリーよりやわらかく出来てるので、

ゼリーの苦手なウチの嫁も食えるようだ。

 

何より、自画自賛になるのだが。

 

 

 

炭酸の食感は秀逸!!!

 

 

 

炭酸らしさはなく、シュワシュワする感じはそんなにない。

でも、空気が入ってることで

グレープフルーツの酸っぱさがまろやかに。

思いのほか、上出来。

 

 

 

一つだけ反省点。

彩りと香りに寂しさを感じたので、

ミントの葉をくわえるとよいかと。

 

 

 

というコトで、

おうちカフェのレシピに加えようかな(笑)

でも・・・

黄身ちゃん(仮)の住まい作りのため、

 

 

 

おうちカフェ、

一時撤退せんといかんのやけど(><)

|

先輩卒業。

 

 

充実しまくっていたこの週末。

アップする内容が多いのですが、とりあえず金曜から。

 

 

 

6月末となり、職業訓練校での3ヶ月が経ちました。

折り返し、です。

働きたくても働けず、悶々としていた頃と比べると、圧倒的に

 

 

 

時間が経つのが早いっっっ!!!

 

 

 

ま、それだけ充実してるというコトでしょう。(笑)

 

 

 

というコトで、金曜は午前中に片付けや掃除をして終わり。

先輩たちが、午後から「修了式」のため。

ワシら4月期生14名のうち7名で、

 

昼からボウリングへ!

 

 

 

2年ぶり。

 

 

 

2ゲーム目からすでに・・・

 

 

 

太ももがピキピキ悲鳴をあげとるがな・・・

 

 

 

20代前半がほとんどの中、

チーム対抗で罰ゲーム付のルールで楽しんではみたものの。

20歳の子に

 

「○○さん(←ワシのコトね)と組んだら、

 罰ゲーム確定やぁ~!!!」

 

と、言われ。

 

 

 

・・・コレ、お年寄りをもっと敬いなさい!

 

ま、この一言でワシのチームは奇跡の大逆転を納めました(笑)

 

 

 

 

 

このアト、一時帰宅。

風呂に入って太ももを揉み解し、シップを貼りまして、

 

 

 

夜の打ち上げに出発!!!

 

 

 

先輩たち、1月期生の送別会を兼ねた飲み会。

12名中11名の先輩と、14名中13名の後輩4月期生。

それに3名中2名参加の先生たち。

 

 

 

やや欠席がいるものの、欠席者については・・・先生が

 

「あ、オレいかねぇ!」

 

ま、この先生は4月の歓迎会も同じ理由。

ヒトの輪に入るのが嫌いなようで。

先生という職業には、必ずいるタイプだよね、「たい」さん!(笑)

 

 

 

同期4月期生で1人欠席者も、

いろいろ理由をつけて休んだものの・・・

 

ボウリングには参加!!!

 

 

 

・・・社会人として、一番やってはいけないチョイス。

正しいチョイスとしては

① 飲み会、ボウリングとも参加する

② 飲み会だけ参加する

③ 両方、参加しない

④ ボウリングだけ参加する

 

の順番だと思うわけで。つまり、ボウリングだけの参加は

 

一番やってはマズイのだ。

 

ま、仲間内からも総スカンの空気がプンプンでしたが・・・

そこは30代の面々がうまく流しておりました(笑)

とはいえ、

欠席した子の理由付けも、

 

「親知らずを抜いたから、

 飲食が出来ない」

 

⇒・・・昼飯ガツガツ食っとるがな。

 

 

 

「県外に用事がある」

 

⇒・・・なら、ボウリング行かずに準備しなさい。

 

 

 

で、最後には

 

「お金がない」

 

⇒・・・一番言ってはイカン理由だ。

 

訓練所に来てる以上、みんな金はない。

飲み会の参加費用が2,600円。

ボウリングに行くために昼飯食って、

ボウリング場のゲームセンターでゲームして、

間違いなく

 

2,000円以上使っとるやないか。

 

 

 

総スカンくらうわ、そりゃあ。

でも、この子の幸せなトコロは、

 

その空気が読めないトコロ。

 

 

 

 

 

さて、飲み会は大いに盛り上がりまして。

ワシも会計係とかやって、お金がらみはしんどかったものの、

4月期生の最年長者・・・ということがプラスとなったのか、

トラブルなく、スムーズにコトが運びまして。

先輩方からも

 

 

 

一気飲みの連打にあいました・・・

 

 

 

早朝7時。

気がつくと家の廊下で寝てました。

なぜかズボンは穿いてなくて・・・

 

嫁に聞くと、ヘロヘロで帰宅して、

トイレから出てきたワシ。

 

 

 

トイレを出て、

フ○○ンで倒れこんだようです。

 

 

 

嫁が、パンツだけは穿かせてくれたようで・・・

もうすぐ父とは思えんな・・・

 

 

 

ま、そんなこんなで楽しい時間が過ぎました。

休み明けにはワシらが先輩に。

とはいえ、年上の方もいらっしゃるでしょうから、

先輩風をふかずに低姿勢でやっていきますわ。

 

 

 

ただ・・・

テンションあげて取り組んだボウリングと飲み会のおかげで

 

 

 

まだ声がガラガラ(><)

|

« 2007年6月27日 | トップページ | 2007年7月2日 »