« 2007年8月9日 | トップページ | 2007年8月11日 »

2007年8月10日

2007年8月10日 (金)

☆黄身ちゃん、誕生☆

 

 

・・・眠い。

今朝は6時起き。

病院に朝8時までには到着したいため、

マロンやショコラのご飯、

マロンの散歩を済ませなくてはならん。

それにくわえて、今日からよさこい祭り。

案の定、どの道もいつもより交通量が多かった。

まぁ、早く起きるのは問題ないとして・・・

 

 

 

眠れんかった!

 

 

 

人生初の手術という嫁と

黄身ちゃんが心配、という気持ち。

ワクワクして興奮がおさまらない気持ち。

ダブルでワシの睡眠を邪魔してくれたもんで、

 

約4時間、

しかもところどころ目が覚めて。

 

 

 

・・・今朝の話にいくまでに、

こんなに前おきが長いと、今回は相当長いぞ(笑)

 

なんとか起床。

ご飯を食べたショコラに

001

早く出せぇ~!

 

と、催促を受け。

それもそのはず。

002

空が真っ青!!!

 

今週、ハッキリしない天気が続いてたモンねぇ・・・

まるで、

 

天気まで、

黄身ちゃんの出産を

祝ってくれてるようだ。

 

 

 

マロンにも行って来ます!と留守番を頼みました。

004

「今日から、オマエは2人の妹のお姉さんじゃ。」

と言うと、

 

「え!?ナニナニ!?」

 

という顔に。

犬とか猫とか人間とか、関係ないな。

ココロが通じてれば、

微妙な空気の違いをちゃんと理解してくれる。

いつもは気ままなショコラですら、

008

ワシの姿が見えんなるまで、

マロンと一緒にお見送り。

 

 

 

さて、病院に到着。午前7時45分。

間もなく嫁も

011

手術用の服に着替えて待機。

そして、9時に手術開始。

 

 

 

先生や看護士さんの話では、

嫁の下半身麻酔が効いてるのが約2時間。

黄身ちゃんが産まれるのは

手術開始後30分から45分くらいの間。

嫁が部屋に帰ってくるのが1時間半くらいしてから。

 

ワシとワシの家族、嫁の家族は

別室にて待機。

帝王切開、というコトもあって、

付き添いが出来ません。

 

 

 

・・・長い。

 

 

 

黄身ちゃんが産まれたら手術室を出て、

ワシらが待機してる部屋の前を通って

NICU(新生児集中治療室)へ。

その部屋の前を通るときに、

少しだけご対面できるというコトで、

待ってるのですが。

 

 

 

・・・時間がたつのが遅い。

 

 

 

9時25分ごろから右手にビデオカメラ、

左手にデジカメを持って

いつ通ってもすぐ撮れるように準備してるのですが、

なかなか来ない。

というか、時計の針がこんなにも進まんものかぁ!?

 

 

 

もうすぐ10時になろうという時、

部屋にノックの音。

看護士さんが呼びにきてくれました。

 

「元気な女の子ですよ☆

 奥さんも無事ですので☆」

 

・・・肩の荷がおりた。

よし、カメラのスイッチをONにして

 

黄身ちゃんと初対面!!!

016

これが、ワシと嫁の宝かぁ・・・

 

グゥ~っと、カラダ中の血が熱く煮えたぎるかのように、

ワシのカラダにチカラがみなぎってきた。

今までに感じたことのないチカラ。

 

親になると、

子供からこういうエネルギーをもらうことができるのか・・・

 

なんて、思ったりしてしまった。

みんな、そうなんやろうな。

 

 

 

そこで黄身ちゃんを1分くらいみせてもらい、

そのまま黄身ちゃんはNICUへ。

触りたかったなぁ、抱きたかったなぁ・・・

 

 

 

それからしばらく、午前10時45分ごろ。

嫁が部屋に帰ってきたとのコト。

まだ処置をしてるらしく、

ワシらが部屋に帰れたのが11時ごろ。

 

まだ麻酔が残ってるらしいが、嫁も元気。

ナニはともあれ、

2人ともが元気でとにかくよかった。

 

そのアトのコトは、よく覚えてません、ワシ。

睡眠不足と心配がなくなったことで、

嫁のベッドの足元で完全熟睡してました。

 

 

 

お昼。13時半過ぎ。

NICUの面会可能時間となりました。

嫁は今日1日ベッドで寝たきり状態。

ワシはまたまたデジカメ&ビデオカメラを持って、

嫁に見せる画を撮ろうと。

 

NICUの入り口にきました。

1~2分かけて、しっかり肘から下の手を洗浄。

黄色い服を着て、

カメラもしっかり除菌。

 

産まれたての子供には抵抗力や免疫力がないため、

普通に生活してるワシらには

「そこまでする!?」

と思える行為も、当たり前のようです。

退院後の黄身ちゃんの生活環境にも、

配慮が必要というコトが理解できました。

 

やっぱ、マロンとショコラは

しばらく別の生活をせんといかんのやね。

もうすでに、

マロンとショコラはワシと一緒に居間へ。

嫁と黄身ちゃんは寝室&和室へ。

寝床分け計画もたてていたトコロでした。

 

さてさて、NICUの話。

正面から入ると、真っ直ぐ進んだ先に黄身ちゃんが。

019

手足、指が長いなぁ・・・

 

手の指も長いし、

足もでかいなぁ。

 

 

 

腕が長いのは、ワシゆずりかもしれん。

(残念ながら、足は長くないのだが・・・)

髪が多いのは、ワシと嫁の共通の遺伝だな。

020

あと、バランス的に

アタマが小さい気がする。

 

 

 

・・・おや。

ワシ、しらん間に

 

親バカではないか(爆)

 

 

 

世の中のお父さん、お母さんが

「我が子自慢」

になってしまうのが、

身をもって理解できてしまった、今(爆)

 

まだこの腕の中に抱くコトはできなかったけれど、

保育器(!?)の中に手を入れると、

黄身ちゃんは右手で

ワシの左手の人差し指を

 

ニギッッッ!!!

 

 

 

・・・ワシはどんなうまい肉を食うよりも、

極上の喜びと幸せを味わってしもうた。

 

 

 

そのアト、撮影タイムとなるわけだが、

黄身ちゃんが泣きはじめるワケだね。

その時ワシが黄身ちゃんに向かって

 

「黄身ちゃ~ん、黄身ちゃ~ん☆」

 

と声をかけると、

黄身ちゃんは泣きやむだけでなく、

 

「ホゲ~ッ」

 

と口をあけて、恍惚の笑みを浮かべるんです。

・・・表現が「ホゲ~ッ」じゃなくてもいいのかもしれんけど、

一番しっくりきます、「ホゲ~ッ」

きっと、お腹に居るときから

ワシと嫁が

「黄身ちゃ~ん!」

と呼びかけてたからねぇ、

自分の名前を理解してるんかもしれん。

 

撮影タイムの間、

数回・・・いや、十数回くらい泣いたんやけど、

すべてワシの

「黄身ちゃ~ん!」

の声で、

「ホゲ~ッ」

やったもんな(笑)

 

 

 

その後、一時帰宅。

マロンとショコラの晩ご飯と、マロンの散歩のため。

それぞれに

 

「妹ができたき、

 お姉さんしっかりな!」

 

と話しかけると、

ナンだかおとなしくちゃんと耳を傾けるんだな、コレが。

もちろんナニを言ってるか内容がわかってるかどうかは

別として、

 

ナニかを訴えかけられてる

 

という空気は理解してる様子。

やっぱり家族だな。

マロンにいたっては妹ができたのが嬉しかったのか、

小屋からつないでるワイヤーを

勢い任せにブチ切ったもんで。

・・・新しいワイヤーを買いました。(実話)

 

 

 

夜8時ごろ、再び病院へ。

さすがに泊まりは出来ないものの、

ベッドから動けんのでね、嫁。

10時ごろまでおりました。

もちろん、もう一回黄身ちゃんにも面会。

 

その嫁の部屋に帰ると、

出生証明書やら母子手帳が。

030

身長47.5cm。

普通の子供がどのくらいなんやろ!?

でも、こんなに大きいのが

嫁のお腹におったんやなぁ・・・

 

そうそう、もう一つかえってきました。

032

へその緒です。

 

・・・カラッカラのモノしか見たコトがなかったもんで、

なんだか不思議です!

 

 

 

というコトで、帰宅して

マロン、ショコラとじゃれたアトに

ブログをアップしました。

まだまだ書き足りないのですが、

今日はココまで。

 

今年もまた夏に家族の増えた

マロンパパ一家。

これからも、よろしゅう頼みますm(_ _)m

|

« 2007年8月9日 | トップページ | 2007年8月11日 »