« 2008年1月15日 | トップページ | 2008年1月21日 »

2008年1月19日

2008年1月19日 (土)

運命を、受け入れろっ!!!

 

 

無事、

祖母の葬儀が終わりました。

 

 

 

これから、

アパートを引き払うための荷物まとめや

運搬となります。

 

 

 

年末の、

叔父の事故死から1ヶ月も経たないうちに

礼服を着るコトになるとは思わんかった。

 

 

 

正直、

まだ叔父も祖母も

亡くなったコトに実感がない。

 

とはいえ、

もう話すことも

ましてや会うこともないのは事実。

 

 

 

でも、

凹んだ気持ちを引きずる暇なんてない。

 

 

 

祖母が亡くなったその日。

病院から一度アパートに帰った祖母と、

ワシと実家の父母、妹。

 

その直後、ワシは一度家に帰った。

マロンとショコラに、

祖母との最後の時間を与えるために。

 

 

 

その日の夕方には通夜もあり、

会場に移ってしまう祖母のカラダ。

そういった会場に、

犬や猫を連れて行くわけにもいかず。

かといって、

祖母も大好きだったマロンとショコラ。

 

なので、

通夜の前にマロンとショコラに会わせるコトにした。

最後の面会だ。

 

 

 

マロンもショコラも、

いつもと違う雰囲気をすぐに察した。

やはり、家族だ。

 

ちゃんと、祖母の顔を見ていた。

 

きっと、お別れが言えたと思う。

 

 

 

黄身ちゃんも、

雰囲気の違いをすぐに読み取っていた。

 

生後5ヶ月。

実際に祖母と会えた日は10日もなかったが、

生後5ヶ月の黄身ちゃんにとっては

大好きな祖母だった。

 

 

 

マロン、

ショコラ、

黄身ちゃん。

 

みんながちゃんと、

祖母にお別れの挨拶をした。

 

ちゃんと、

現実を受け止めていた。

 

 

 

父親のワシが、

この現実を受けとめんと。

 

しっかりとせんと。

 

 

 

そう思うと、

この数ヶ月の行動もすべて運命だったのかな、

なんて思った。

 

意識もしてなかったのに、

やたら祖母の話し相手をしにいってたワシ。

 

就職活動をしていたものの、

10月、11月と比べると

極端に面接などの機会の少なかった12月。

 

 

 

・・・まるで、

祖母がワシに対して

余生を一緒に過ごして欲しいと願っていたかのようだ。

 

 

 

これから

どんな運命が待ち受けているのかは分からん。

 

でも、

過ぎた運命は変えられん。

受け入れるしかない。

 

いくら

不幸が続こうが、

そういう運命だったとしかいいようがない。

認めたくなくても、

それが事実やからね。

 

だから、

だからこそ。

これからの運命を後悔せんようにだけ、

今をしっかり生きていこうと思う。

 

嫁のため、

マロンのため、

ショコラのため、

黄身ちゃんのため。

 

そして、

それらを守るワシのため。

 

 

 

それを

祖母も望み、

そう願っていることだろう。

 

 

 

さぁ黄身ちゃん!

久しぶりにお父さんと一緒に寝るかぁ!!!

|

« 2008年1月15日 | トップページ | 2008年1月21日 »