« 2008年7月14日 | トップページ | 2008年7月16日 »

2008年7月15日

2008年7月15日 (火)

飛翔。

 

 

日曜、月曜と

スズメのヒナに振り回されまくった2日間。

 

なんとか

ショコラにも協力してもらって

外出をガマンしてもらったり。

 

ヒナを

元の巣があった場所に戻したり。

 

2日間の休みの

ワシの時間というのは、

そんな感じでした。

 

 

 

昨日の月曜。

昼に黄身ちゃんの検査があるため

うまく仕事の休みをあわせ

一緒に病院へ。

 

そのアト、夕方からは

また講習を受けに安芸へ!

 

家に帰ると夜10時。

まずヒナの安否をチェック。

大丈夫、

動いてる。

 

ショコラも家にいるし、

とりあえず寝よう。

 

明日もまだ

飛び立てそうにないなら、

何かミミズとかでも

用意しようかな・・・

 

 

 

と、思ってました。

 

 

 

今朝。

起きて初めに

ヒナの元へ。

 

 

 

動きません。

 

 

 

冷たくなってました。

 

 

 

涙がとまりませんでした。

 

 

 

ワシは、

自問自答をはじめました。

 

 

 

ワシがしたコトって、

ホンマにヒナのためやったのかな!?

 

 

 

ネコのショコラ、

スズメのヒナ。

この力関係とかって

自然なコトであって、

人間のワシがしたことっていうのは

両方をだめにしちゃったんじゃないかな!?

 

ワシが善意でしたつもりのコトって、

逆にヒナを生き延びるコトを

させなかったコトになったのでは!?

 

 

 

ワシがヒナをかくまってしまったのって、

親スズメからすると

人間がそばにいるから

警戒しすぎて

手を尽くせなかったんじゃないかな!?

 

 

 

・・・そう思うと、

ワシ自身のしたコトの

賛否がわからなくなってしまいました。

 

スケールの大きな話にまで飛躍して、

地球の温暖化やらなにやら

自然現象に影響を与えてしまうことって

人間という生き物が

全部ダメにしてんじゃん!

と、

まるでワシは

人間代表かのように

沈みそうになりました。

 

 

 

でも。

 

そんなに沈んでしまっては

ヒナたちが命をおとした意味がなくなる気がしました。

 

なんでもかんでも

受け入れようとしてしまう、

割り切れない性格のワシを

ココロの強い人間にしてくれようと

ヒナたちが犠牲になってくれたんだと

思うようにしました。

 

 

 

仕事から帰り、

庭に穴を掘りました。

016

そこに、

すでになくなっていたヒナ2羽。

 

今朝なくなっていた

ヒナ1羽。

 

3羽の兄弟を一緒に、

土の中へ。

 

 

 

017

お香を3本。

飛び立てなかったヒナたちに、

煙にのって

親スズメの元へ

飛び立ってもらおうと。

 

 

 

自分の母校の校訓でもある

 

「飛翔」。

 

スズメのヒナたちにとっても、

そしてワシにとっても

今回の出来事が

きっと飛翔となるでしょう。

|

« 2008年7月14日 | トップページ | 2008年7月16日 »