« 2012年5月8日 | トップページ | 2012年5月14日 »

2012年5月10日

2012年5月10日 (木)

「のっとおんりぃ★ばっとおるそぅ」。


ちょうど2週間前の木曜日。

大事件がありました。

黄身ちゃんが保育園で

お友達の腕を

ガッチリ噛んでしまいました。

理由を聞いても

はっきり答えません。



家で再びきいてみると、

そのお友達に噛まれたので

イヤと思って噛んだそうなのです。

先にお友達にされた、ということは

保育園で先生には

言わなかったそうです。

たぶん…ワシが普段から

「やられたからといって、

 やりかえしたら黄身ちゃんが悪い人になるぞ!」

と言ってたので、

やりかえしたことを言い訳したくなかったそうです。

それはそれで、

4歳にしたらエライと思いますが…



悪いのは

友達だけでなく

黄身ちゃんも。

そして、

黄身ちゃんだけでなく

親のワシも。

実は

去年の12月にも

同様の事件がありました。

何か

親として

ワシは問題があるのではないか…

黄身ちゃんのサインを

見落としてるんではないか…



いろいろ考えました。

その結果、

この2週間で

あることを実行し続けました。
120510_204601


ご飯を食べるとき

テレビを観ない。



ごくごく当たり前のコトですが、

わが家では1年半くらい

テレビのある部屋で食事をしてました。

テレビを観ながら食事をすると、

黄身ちゃんが話をはじめても

「ちょっと待って、テレビが聴こえんろ」

となることが多かったんです。

だから、

黄身ちゃんがコミュニケーションをとれずに

寂しがってるのではないか。

そのイライラが

保育園での問題行動につながったのではないか。

そう考えました。



この2週間、

めっきりテレビを観る時間が減りました。

この2週間、

黄身ちゃんのご飯を食べる量が増えました。

この2週間、

黄身ちゃんのご飯を食べるスピードが速まりました。

そしてこの2週間、

黄身ちゃんのご飯を食べるときの顔が

笑顔になりました。



黄身ちゃんにききました。

「テレビなくて、大丈夫?」

黄身ちゃんは言いました。

「こっちの方がたのしい!」



この行動が

「友達を噛む」という

問題解決につながっているのかどうかは

いまだにわかりませんし

いつわかるかもわかりません。

ただ、

親のしつけとして

テレビを観ずに食事をするというのは

いい方向だと思ってます。

そして、

黄身ちゃんとの会話を増やしたことで、

黄身ちゃんの出しているサインを

少しでも受けやすい状況にできたのは

間違いないです。



昨日だったか…

黄身ちゃんが言いました。

「お仕事早く終われる時があったら、

 頑張って早くお迎え来てね!」

わが家では

仕事の時間の関係で、

保育園の通常保育の時間だけでなく

早朝、延長保育もお願いしています。

しかも、

黄身ちゃんは

1番最初に登園して

1番最後に帰宅…

つまり、毎日

滞在時間の一番長い保育園児なのです。

子供ながらに

やっぱほかの子よりも

親といられる時間が少ないことが

寂しいと感じているんだと思います。



辛いのは

親だけでなく、子供もまた。



以前ブログで

忙しいからといって

ビデオを観せてすませずに

絵本を一緒に読んであげなきゃ、

と述べたコトがあります。

これもまた、

子供のサインを受けられる時間を

つくらなきゃ!

というコトだったと

今になって気がつきました。



子供だけでなく、

親もまた。

親だけでなく、

子供もまた。

40歳の親父が

黄身ちゃんに教えてもらったコトです。

「のっとおんりぃ★ばっとおるそう」

な気持ちを持つコト。

子供を育てるつもりが

親を育ててくれる子供に

なってくれたようですわ、

黄身ちゃん。



この

「のっとおんりぃ★ばっとおるそぅ」

については、

もう一つ語りたいことがあるんで、

早いうちに次をアップします!

|

« 2012年5月8日 | トップページ | 2012年5月14日 »