« 2015年1月18日 | トップページ | 2015年2月2日 »

2015年1月26日

2015年1月26日 (月)

ピンポンダッシュ。

娘が朝、

小学校に歩いていると

上級生の子といっしょになり、

一緒に学校へ向かっていた。

ウチはそこそこ田舎なので、

全校生徒が数十人。

一学年がどこも一桁、という事で

どの子供も親もすぐわかってしまうような間柄。

そんな田舎の学校に向かう2人、

もうすぐ娘の同級生の家の前を

通りかかるとき、

一緒に歩いてた上級生が

「○○ちゃんの家、ピンポンダッシュしよう」

と持ちかけてきた。

娘は

やってはいけないことだから、と拒んだらしいが

上級生は娘の手を引っ張って

一緒に走りながら、

○○ちゃんの家の玄関のベルを押して

そのまま2人で逃げた。

しばらく手を引っ張られながら

走った娘は、

やっと手を離してもらうと

泣きながら来た道を戻った。

上級生は学校へ、

娘は○○ちゃんの家へ。

娘は泣きながら、

○○ちゃんのお母さんに謝ったらしい。

ワシが仕事を終えて

家に帰宅。

娘がワシに話がある、と。

正座をして

震えながら

こんなコトがあったと話し、

ワシにゴメンなさい、と。

娘が話し終わった後、

ワシは腰を上げ

娘のそばへ。

娘は叩かれると思い

カラダをびくっとさせたけど、

ワシはギュッと抱きしめて

「よく話してくれたね」

緊張が解けたのか、

いつまでも号泣する娘。

いいコトをしたわけではないけれど、

いつまでも正直で素直な気持ちを

忘れずにいてほしいというのは、

やっぱり親バカだろうか(笑)

|

« 2015年1月18日 | トップページ | 2015年2月2日 »